AppLocale(文字化けせずにソフトを使用)

applocale

皆さんは、日本語以外のソフトを使用したりしますか?このソフトは日本語以外のソフトで、Unicode非対応のソフトを日本語のPCで使用するときに文字化けしたりするのを防ぐソフトです。実はこのソフトXPにしか提供されていないのですが、ちょっとしたことをすることによって7やVistaでも使用できます。Microsoft曰く、「7やVistaのUltimateエディションでは、ユーザーごとに異なる言語を使用できるので、このようなソフトを使用しなくても文字化けしないで使用できる」。確かにそのような利用方法もありますが、Ultimateが必要ですし、別の言語のソフトを使用するたびにいちいちユーザーを切り替えなければいけないのは不便です。

そこで登場するのが、AppLocaleというソフトです。 利用方法はそんなに難しくはありません。XPでは通常にインストールできます。7やVistaの場合はコマンドプロンプトを管理者として実行し、このソフトのインストーラーを起動します。
(例 C:Userskensukedownloadsapploc.msi )
インストーラーは英語ですが、Nextをクリックして行くだけで基本的には大丈夫です。途中ライセンスのところはI agreeをチェックしてください。

インストールが完了したら、Vista,7を使用している場合はスタートメニューのAppLocaleへのショートカットを右クリックしてプロパティを開き、互換タブで常に管理者としてこのプログラムを実行するにチェックを入れておきましょう。(管理者権限が必要ないソフトの場合はよいですが入れておいたほうが無難でしょう。)

あとは、ソフトを起動して、別の言語のソフトを選択し、言語を選択して使用します。

※意外と知られていないのが、インストールして使用するソフトはインストールする時点からこのソフトを使用してインストールすることです。このソフトを使用してインストールしてからこのソフトを使用して起動しても文字化けしてしまいます。

web拍手 by FC2

Comments

トラックバック

トラックバックURL:https://ventzana.com/2012/08/0121/trackback/