アメンボの管理している、小さなウェブサイトです。1000PV/日を目指しております。

Ventzana

ソフトウェア

ManyCam Virtual Web Cam

更新日:

最近は、Windows Live Messenger,やSkype,Yahoo Messengerなどのインスタートメッセージソフトの普及により、Webカメラを使用している人も増えてきていると思う。

もちろんWebカメラそのまま使用しても十分楽しめるのだが、あるソフトを使用することによって、さらに楽しくすることができる。

それがここで紹介するManyCam Virtual Web Camというソフトだ。このソフトはカメラから読み込んだ画像に、文字や、いろいろな効果、装飾などを加えることができる。たしか、NECかどっかのメーカーPCにはこのようなソフトがついてきたと思うが、もしなければこのソフトを試してみよう。

まずはソフトをインストールしなければ始まらない。こちらのサイトからダウンロードしてインストールしよう。残念ながら、このソフトの表示言語は英語のみだが、操作方法はそんなに難しくないので、試してみよう。

インストールが終わったらそのソフトを起動し、Sourceタブでソース、つまり表示させる画像を選ぶことができる。ここではWebカメラの画像(Cameras)、静止画像(Still Image)、パソコンの画面(Desktop)、ブランクイメージ(black image)、動画(Movies)を選ぶことができる。またEffectsタブで、いろいろな効果を加えることができる。ここではすべては説明できないので、適当にいじりながら使ってみよう。変な風にいじったからと言ってパソコンがおかしくなったりすることはない。

一応一つだけ、インストール後デフォルトでは、ManyCam.COMという文字が右下のほうに表示されている。これを消すには、EffectタブのText Over Video オプションで、Show ManyCam.com Logoというところのチェックを外せば消すことができる

※Windows Live MessengerではWebカメラの画像を左右反転させて表示させるため、このソフトを使用してMessengerで会話すると、文字などが鏡文字になってしまう。そのような場合は、Sourceタブで先に左右を反転させておこう。右図参照
右図の丸で囲んである部分の左のボタンが左右反転、右のボタンが上下反転である。

-ソフトウェア
-, ,

Copyright© Ventzana , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.