アメンボの管理している、小さなウェブサイトです。1000PV/日を目指しております。

Ventzana

Windows

【簡単】仮想環境を使ってWindows上でMac OS High Sierra 10.13を使う方法

投稿日:

こんにちは。6月3日にWWDC 2019が開かれ、Appleは時期Mac OS 10.15 Catalinaを発表しました。WindowsユーザーにとってはどちらかというとMac OSよりもiPad OSなどの発表のほうが気になったのではないでしょうか。

Macを使っている人には関係がないですが、Windowsユーザーの中にはMacへあこがれている人も多いのではないでしょうか。それでも、仕事などではWindowsのほうが便利だし、使い慣れていないMacを購入するのは、、、と思っていませんか?

そんな人へ紹介するのが仮想環境、VMware WorkstationやVirtual Boxを使ってWindows上でMac OS を使う方法です。Windows上でMacを動かすため、最低でも8GBのメモリとIntelのCPU、できればCore i5 以上が必要となりますが、環境さえ整えば気軽にMac OSを試すことができるので、お勧めです。

ということで、Mac OSを仮想環境で使う方法を紹介していきます。

仮想環境でMac OS High Sierraを使う方法

Windows上で使う仮想環境としては、VMware Workstation、Virtual BOXが有名です。Virtual Boxは無料で使える仮想環境なので、気軽に試してみたい人にはおすすめです。

VMware Workstationは値段はしますが、非常に高機能ですので、Mac OS以外にもLinuxやWindowsなど様々なバージョンを使いたいという人は購入を検討してみてもよいでしょう。

まずは、Mac OSを仮想環境で使う方法ですが、最近ではすでにセミインストールされたハードディスク環境をダウンロードするのが主流になっています。まずはOSがセミインストールされた仮想ディスクをダウンロードし、VMware Workstation、もしくはVirtual Boxで設定をして開けば、Mac OSを使うことができます。

ここでは、Mac OS 10.13 High Sierraを使って説明していきますが、最新のmacOS 10.15 Catalina betaまで公開されているので、リリース前にCatalinaを使ってみたいという人も試すことができます。

仮想ディスクをダウンロード

ということで、まずはMac OSがセミインストールされた仮想ディスクをダウンロードしましょう。

 

-Windows

Copyright© Ventzana , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.