アメンボの管理している、小さなウェブサイトです。1000PV/日を目指しております。

Ventzana

Windows 設定・カスタマイズ

Windows 7,VistaのUltimate以下のバージョンで表示言語を変更。その2

更新日:

以前、Windows 7,VistaでVistalizatorというソフトを使って簡単にUltimate以外で表示言語を変更する方法を紹介しました。しかし、ソフトの開発が止まってしまったようで、現在Windows 7 ではService Pack 1 がリリースされましたが、 SP1対応のソフトはリリースされておらず、SP1リリース以降にPCを購入したユーザは表示言語を変更することが不可能になっています。ところが、Windows 7 では言語パックさえ用意できれば、コマンド操作で言語パックをインストールすることが可能なのです。今回はその手順を紹介します。

まず、こちらのサイトにすべての言語パックのリンクがあるので、必要な言語パックをダウンロードします。そのご、その言語パックをcabファイルに変換するのですが、こちらのサイトからexe2cab.exe というソフトをダウンロードしてください。(Download Nowというボタンをクリックすればダウンロードできます)。そのソフトを使って、ダウンロードした言語パックを cab というファイルに変換してください。

その後、コマンドプロンプトを管理者として実行します。
コマンドラインで

dism /online /Add-package /PackagePath:c:lp.cab

と入力。 c:lp.cab は言語パックへのパスですので、各自変更してください。めんどくさい場合は、言語パックを lp.cab という名前にし、Cドライブ直下に置けば上記のコマンドがそのまま使えます。

その後、レジストリエディタを起動し(スタートメニューにregedit と入力すればOK)

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Language

へ移動。Default、DefaultLanguage、InstallLanguage、の三つの項目の数字をインストールした言語へ変更する。

表記コードはこちらのページの 「16 進表現の言語識別子 」内の0xを除いた数字である。

なおその後のブート画面や、ブートマネージャの表示言語変更に関してはこちらを参考にすること。

-Windows, 設定・カスタマイズ
-, , ,

Copyright© Ventzana , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.