香港版iPhoneはauで使えるか!?

iphone-410324_1280

世界的にマイナーな通信規格であるCDMA2000、日本はauが採用しており、以前はau回線で通信を行うためにはauから端末を購入する必要がありました。近年のMVNOの普及や格安スマホの登場でも恩恵を受けるのは、docomoやSoftBank回線を使っている人たちばかりでした。MVNOの普及に伴って登場してきた、SIMフリー端末、大手家電量販店やAmazon、Expansysなどで販売されており、以前より非常に入手しやすくなりましたが、通信規格が異なるため、au回線を使っているかは選択肢が非常に限られていました。グローバル端末と呼ばれる、iPhoneも GSM版とCDMA版の2種類が存在し、Expansysなどで手に入るiPhoneはGSM版のため、入手ルートがApple Storeから直接購入するか、北米から個人輸入するかで非常に限られていました。そのため、他社(docomo、SoftBank)と比較し、SIMフリー環境は割高な状況でした。そんな今まで高価な代金を払っていた、SIMフリー端末ユーザのか他へ朗報です。

“香港版GSM iPhoneでもau回線で実用に耐えうるほどまで来ています”

もちろん、これはiPhoneだけに限りません。LTE対応、かつVoLTE対応端末であれば、同様に使うことが出来るはずです。

au、LTEの実用性

今まではau = CDMA 2000という公式が成り立っていたため、auでSIMフリー端末を使うには、iPhoneぐらいしか選択肢がありませんでした。しかし、auは日本のキャリアの中でも最もLTEに力を入れているキャリアです。CDMA 2000は通信こそ安定していたものの、世界的にはマイナーな規格のため、auは端末の品揃えに苦労してきました。グローバル端末と呼ばれる、iPhoneもGSm版とCDMA版が存在し、auで使うためにはCMDA版を使う必要がありました。そんな3Gで出遅れたauは巻き返すため、4G、LTEでは他社よりも回線の普及へ力を入れています。2012年にサービスを開始したauのLTEサービスは現在では、LTEは3G(CDMA 2000)と遜色ないレベルまで来ています。

実際に、auのエリアマップで比較してみると、LTE対応エリア(800Mhz)は3G対応エリアに迫っており、実用レベルでは3Gと大差無いところまで来ています。山間部で確認はしていないので、なんとも言えないませんが、少なくとも都市部での利用に関して言えば、LTEのみであっても実用に耐えられるレベルに来ています。

3gcdma

3G (CDMA)対応エリア

4glte

4G (LTE)対応エリア

加えて、auはCDMAの難点であった音声通信とデータ通信の同時利用がLTEにおいて可能になりました。他社では、VoLTE対応といえども、3Gとの併用をしているキャリアが多いですがauに関しては、3G非対応のLTE端末を出すなど、その本気度が伺えます。そのためか、他社では未だに3G回線を利用している、MMSやSMSがauではLTEで利用可能です。

これらのことから、実用レベルでは、LTEのみであっても、auは問題なく使えると思います。

SIMフリーiPhoneについて

さて、日本で最も普及している、iPhone、前述したようにiPhoneにもGSM版とCDMA版が存在します。au回線でiPhoneを使うためには、Apple Storeから公式に購入するか、北米版などを個人輸入する必要がありました。それはもちろん、au = CDMA 2000という公式が存在したからです。単にSIMフリーiPhoneが欲しいだけであれば、公式サイトから購入すれば済みますが、中には海外仕様のシャッター音を消せる端末が欲しいという方もいらっしゃいます。そんな方は、au回線を諦めるか、北米から若干高めのSIMフリー端末を入手する必要がありました。iPhone 5ではVerizon版、5S以降では、Sprint版がそれぞれ最強消音可能端末として、オークションなどで転売されています。しかし、SprintがSoftBankに買収されてから、SIMフリー化の条件が制限されるようになり、以前ほど容易に入手することができなくなり、そのためかSprint版iPhoneはプレミアム価格で取引されています(通常の2割~3割増し)。もちろん、最強のiPhoneが欲しいというなら、構いませんが、「au回線で使う」という理由だけであれば、香港GSM版iPhoneでも十分使えるのです。

もちろん前述したように、VoLTE対応であれば音声通話も利用可能です。以前、ASCIIさんの記事で、香港版iPhone はau SIMでアクティベーションできるものの、通信は不可との記事がありました。実際に、筆者も香港版iPhoneを購入するときは怖かったですが、結論から言うと問題なく使えます。もちろん、CDMAは使えませんが。。。今後ソフトウェアのアップデートなどで非対応になる可能性はあるものの、端末としてはauのLTE回線で十分利用可能です。2016年9月現在、iOS 9.3 上では問題なくLTEが利用できています。

その他の端末のau利用について

huawei-p8-1106911_640日本のApple StoreでSIMフリー端末が発売されるようになってから、はや6年弱。MVNOの普及も手伝って、日本でもSIMフリー端末が徐々に浸透してきました。auユーザはそんな社会の流れから取り残されているかと思いましたが、そんなことはありません。むしろ、最先端を行っているのがauなのです。こちらの記事では、iPhone を中心に書きましたが、auのLTE(Band 1, 11, 18 &28)に対応しており、かつVoLTEが使える端末であれば、もう今までのようにCDMAに対応しているかは気にする必要がなくなりました。端末によってauのLTE回線と相性が悪いものもあるようですが、少し知識に自信があり、試してみたいという方は挑戦してみるのも良いかもしれません。

余談ですが、iPhone購入の下調べをしていた際、香港版iPhoneはCDMA版との記事を見つけましたが、私のiPhoneはCDMA非対応でした。iPhone 5Sは途中からCDMA版になったとの話もあるので、もしかしたら当たり外れや、購入時期によって違うのかもしれませんが、全てが全てCDMA版ではないようです。CDMAに期待するのであれば、やはり正規ルート(Apple Store)で購入するか、Sprint版を購入しておいたほうが良いでしょう。

 

 

web拍手 by FC2

Comments

トラックバック

トラックバックURL:https://ventzana.com/2016/09/0874/trackback/