マルチプラットフォーム多言語入力 ― Google Transliterate

transliterate

海外へ行ったり、外国人の知り合いのパソコンを借りて日本語を入力しようとしたとき、入力できずに困ったことはないだろうか?以前そのような場合に、WebIMEを使って日本語を入力することができると紹介した。しかし、近年GoogleがTransliterateという素晴らしいウェブアプリケーションを開発した。Google Transliterate はウェブ上で日本語、中国語、ハングルをはじめとする東アジア言語、さらにはアラビア語、ヘブライ語など様々な言語を入力することができるアプリケーションである。

使い方はいたって簡単。まずGoogle Transliteration のウェブサイトへ移動。デフォルトではヒンディー語になっている。左上の「Hindi」と書いてあるところをクリックすると、ほかの言語を選べるようになっている。そこから入力したい言語を選択し、あとは入力するだけ。ちなみに入力の際は「直接入力」でなければいけない。

これでどこへいっても、どんなパソコンでもインターネット環境さえあれば日本語入力が可能なのである。海外などへ行き、現地のパソコンを借りた時にこのページへアクセスして文章を入力し、コピー&ペーストでメールの返信だって可能である。つまり、今までローマ字を使ってメールしてた人も、もうそんな煩わしい読みにくい文章を作る必要はないのである。

最近のパソコンは設定を変更するだけで、様々な言語を入力することができる。しかし、ほかの人のパソコンであると設定を変更するのに許可が必要だったりといろいろ面倒である。しかし、Google Transliterate を使えばそれらの問題すべて解決。必要なのはネット環境とパソコンだけ!あとは、自分の打ちたい言葉がすべて入力できる!

web拍手 by FC2

Comments

トラックバック

トラックバックURL:https://ventzana.com/2012/12/0697/trackback/