iPhone ホームボタンを復活させろ!

大分しばらくぶりの更新となりました。前回更新したのはいつでしたっけ???

それはともかく、ついに 新型 iPhone 4S が発売されましたね。まぁそれについては後でどこかで話すとして、今回は、IPhone全般、いやiPodtouchも含め、ホームボタンを復活させる方法を紹介したいと思います。

さて、IPhoneやiPodtouch、長く使ってるとホームボタンの効きが悪くなったりしませんか?ネットを検索すると様々な方法でホームボタンを復活させる方法が紹介されていますがどれもイマイチ。。。結局ホームボタンを交換してしまうのが一番確実なわけですが、そう簡単には交換はできないわけで、、、、

まぁご心配なく、ネット上に溢れている情報をまとめ、さらに自分の編み出した方法を加え、簡単にホームボタンの効きを向上させる方法を紹介します(※すべての機器での向上を保証するものではありません。)

まず、一番簡単な方法は、
1、なんでもいいのでアプリを起動する。
2.電源ボタンを長押しさせて、電源スライドを表示させる。
3.ホームボタンをホームに戻るまで押し続ける(強く押しすぎないこと!)
まぁこれはソフトウェア的な解決方法なのですが、かなりのユーザーがこれによってホームボタンの効きが回復したと報告しています。(自分も含めw)

次に、上記の方法でも満足いかない場合は、IPhoneを縦に硬いテーブルなどの上に置き、電話などをかけて振動させる。要は内部に入り込んだゴミを振動によって落とすという理論です。ただし効果は懐疑的。掃除機のようなものでホームボタンの周りを掃除するのも良いと思います。

それから最後になりますが、水分によって機器が悪くなっていた場合、とても面倒なのですが、シリカゲルを購入してきて、密封容器を用意。その後IPhoneの電源を切り、バンパーやSIMトレーなど取り外せるものをすべて外す。IPhoneとシリカゲルを密封容器に入れ、常温よりやや高めの温度にし(夏であれば外の日陰に置くのがちょうどよい)、1日~2日ほどそのままにしておく。水分が原因であればかなりの確率で復活します。

まぁあとは、ネットなどでよく見るのですがデコポン。まぁホームボタンをなんども押し続けることにより内部のゴミを出すという理論なようですが、ホームボタンを押すさいは注意をしてください。強く押しすぎると逆にホームボタンの効きが悪くなります。

=さて、ここまで3つの方法を紹介したわけですが、IPhoneを脱獄させればソフトウェア的にホームボタンをシュミレートすることが可能です。つまりホームボタン以外のボタンやタッチパネル操作でホームボタンのかわりの役割を果たすことができるのです。これについてはここで言及しませんが、興味のある方は調べてみると良いでしょう。

web拍手 by FC2

Comments

トラックバック

トラックバックURL:https://ventzana.com/2012/08/0248/trackback/