アメンボの管理している、小さなウェブサイトです。1000PV/日を目指しております。

Ventzana

WordPress

WordPressのインストール方法

更新日:

いくつか前の記事でWordPressがとても便利であるという記事を書いた。今回はそのWordPressのインストール方法を紹介する。

WordPressは近年、最も普及しているCMSである。そのため、多くのレンタルサーバで簡単インストールがサポートされている。それらのサーバでは特に難しい知識はなく、サーバの設定からインストールができるので、インストールして使おう。簡単インストールがサポートされているサーバは、ロリポップエックスサーバミニバードさくらのレンタルサーバなど、実に多くのレンタルサーバがWordPressの自動インストールをサポートしている。このほかのサーバでも、条件さえ合えばWordPressを使うことができる。

WordPressをインストールするための条件

最新のWordPressをインストールするためには、PHPがバージョン5.2.4以上に対応していること、MySQLのバージョンが5.0以上であることが条件である。この2つの条件さえ満たせばWordPressを利用することは可能である。しかし、サーバによって使いにくいサーバもあるので、試用できるサーバであれば試用してみてから契約するといいだろう。

WordPressを手動でインストールする方法

先程もいったように、レンタルサーバが自動インストールをサポートしている場合はその方法でインストールする方が楽である。しかし、どうしても手動でインストールしなければいけない場合は、ここに紹介する方法でインストールを行おう。WordPressのインストールと聞くと、難しいイメージがあるかもしれない。実際、旧バージョンのWordPressのインストールは多少面倒な作業が必要であった。しかし、バージョンを重ねるにつれインストール方法も簡単になってきているので、初心者でも簡単にインストールすることができる。

まずは、WordPressのサイトへ行き最新のファイルをダウンロードしてこよう。ファイルのダウンロードが終わったら、解凍してインストール予定のサーバへアップロードしよう。

アップロードが終わったら、index.phpファイルがある場所へブラウザからアクセスしよう。例えば、先ほど解凍したファイルをそのままアップロードした場合だと、

http://あなたのドメイン/wordpress/index.php

という形になっているはずなので、そこへアクセス。すると設定画面が表示される。「設定ファイルを作成する」ボタンをクリックして次へ進もう。

データベース名、MySQLのユーザ名、MySQLのログインパスワードを聞かれるので、サーバ情報に書いてある情報を確認して記入しよう。テーブル接頭辞を指定することによって、ひとつのデータベースで複数のWordPressサイトを運営することが可能になる。

次に、サイトの情報を入力する画面が現れる。そこで、サイト名やサイトへのログイン情報を入力する。ここで入力した情報をもとにWordPressへログインすることになるので、忘れないようにメモなどを取っておくことをおすすめする。

ここまでくれば、WordPressのインストールは完了である。あとは先ほど設定した情報をもとにログインして自由に記事を追加しよう!

※ロリポップでは自動インストール時に自動で接頭辞を設定してくれるので、ロリポプランであっても複数のWordPressサイトを運用することが可能である。

-WordPress
-

Copyright© Ventzana , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.