アメンボの管理している、小さなウェブサイトです。1000PV/日を目指しております。

Ventzana

ソフトウェア

お勧めできない!Baidu IME

更新日:

2014/3/30 更新

Baidu IMEはお勧めできません。当サイトで、過去におすすめしていたことを深くお詫び申し上げます。Baidu IME は最近のニュースなどでも皆さんご存知だと思います。報道の後、仕様は変更され改善されたはずでした。しかし、私のパソコンにインストールしたところ、報道された内容とはまた別の問題点が発見されました。最も、百度自体は悪い企業ではないのですが、習近平体制によるネット強化の一環などでさまざまな影響が出てきているのかもしれません。当分はBaidu製品は使わないほうがよいと思います。失礼いたしました。

さて、当ウェブサイトを本格的に(?)更新するのは何年ぶりだろうか。先月、新たな記事を書き加えたが、Windows Phone に関するニュースの記事であって、保存版記事を書くのはだいぶ久しぶりである。

さて、前置きはこのぐらいにしておき、今回はおすすめのIMEを紹介する。Baidu IME である。IMEとはImput Method Editor の略で、日本語、中国語などの文字入力のためのソフトである。日本ではMicrosoft IMEATOKなどが有名である。最近では、Google IME というのも登場してきて、IMEは昔よりも選択肢が多くなってきている。しかし、今回紹介するのは、そのどれでもなく、中国Baiduの日本支店によって開発されたBaidu IME である。

インストールは簡単で、リンク先からBaidu IME をダウンロードして、インストールするだけ。Windows XP、Windows Vista、Windows 7 の32bit、64bit両方に対応している。

何が便利かというと、長文変換、顔文字の入力、最新語の入力などが非常に楽なのである。Baidu IME はクラウド機能がついており、ネットへ接続された環境であれば、ネット上の辞書へ接続して変換候補を表示することができる。従って、つい最近の流行語なども比較的きちんと変換することができる。また、長文変換を得意としており、無変換のままものすごい長い文章を書いてもかなり適切に変換してくれる。

さらに、顔文字の入力は非常にできているので、チャットやSNS、ほかにも掲示板などで顔文字をよく使う人にはとてもおすすめのIMEである。例えば「かなしい」と打てば、「( >Д<;)」という顔文字が出てきたり、「うれしい」と打てば「(((o(*゚▽゚*)o)))」と出てきたりする。もちろんこの他にも多くの顔文字が辞書登録されているので、とてもオススメである。

さらに、最新のBaidu IME では、ASCIIアート辞書、ギャル語辞典、最近Twitterなどで見かける(変な?)顔文字辞書なども登場している。追加辞書はここからダウンロードできるので、気になる辞書があればダウンロードして追加してみよう。

-ソフトウェア
-

Copyright© Ventzana , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.